ふうせんバレー練習を決行しましたー

イマだーッ

イマしかなーい!!

2週間前に急遽招集した

ふうせんバレー練習

感染者数が落ち着いてきたことと、

大学病院のドクターが「9月から10月頭は落ち着いてると思うんだよねー」といってたことを真に受け、決めちゃいました

蜜をさけるため広く声かけはできなかったけれど
15名のいつメンがあつまってくれました~

みんなが元気な姿を生で見ると

なんとも言えないうれしい気持ちになりますね(^.^)

ええ、大したことは何もしてません笑

いつものモグモグタイムもできないし

ただ集まって、
「今日のお弁当はししゃも~」
という本当にどーでもいいことを報告しあって

“本を買ってあげるのか!?はたして買わないのか~!?”

の親子ガチ対決試合にみんなで燃えて

ナマッタ体で珍プレイを出しあって

蚊に刺されて
バカ笑いして

プレイはグダグダだったけど

息ができないくらい大笑いしたら

体がグゥーンと伸びて

なんだか生きかえっちゃんですね

はぁ~、知らないうちに縮こまってたんだなあと気づいて、ビックリです

高い山にのぼって空気がうすくなってるのに

それに気づきにくい感じに似てるのかな~
(高い山にのぼったこと無いんですけどね)

家ごもり時間が長いわたしも

それなりに毎日やることがあって
オンラインでは人ともつながって充実はしているんですけど
なにかが足らないんですね…

こうやって外に出て、人にあって

間にある空気感を肌でかんじて
血流といっしょに、自分のなかが動いていく

人はそうやって生きるようにできてるんだと実感しました

それは細胞に浸透していることなのかな

とはいえ、わたしにとってコロナさんは侮れない存在にかわりはないので

リスクとどう折り合っていくのか

なやましい難問(^-^;

バランス感覚がとわれます

この落ち着いている間にもう一発いくぞーッ
テコトデ、10月頭にも開催します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です