3月🎈風船バレー活動🎉

 

 

 

卒業おめでとう〜㊗️🎉
​
中学校、大学を卒業するぐるりずむメンバー4人が来てくれました!
​
みんなに出会ったのがちょうど4年前
​
あっという間すぎて腰が抜けちゃう💦
​
それぞれにこの空間に馴染んでいって、大切な仲間になってくれました😊
​
みんな揃うタイミングなんてめったにないから、お祝いしなくっちゃ!
​
ってことで、レッツ ケーキパーティタイム♬🧁
(わたしたちいっつもケーキだな)
(何かにかこつけて美味しいもん食べたいだけだな…)
​
🎈試合はそこそこにw
​
そそくさと3種類のロールケーキを切り分けて、みんなどれにする〜⁉
​
あんこと栗入りの渋めロールが、若い子に人気だったのはビッくり🌰😳
​
差し入れの良いとこのチョコレートとおせんべいもわしゃわしゃ食べて😋
​
お腹いっぱい、しあわせいっぱい💖
​
みんなでささやかなお祝いしましたとさ♪
​
​
今回ぐるりの(幹事w)こと監事のけいちゃんが、熱い文章を届けてくれました!

 

けいちゃんはぐるりのおかあさん的な存在です♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
​
はじめまして。ぐるりずむメンバーのけいこです!
​
今回は、参加人数が12人ぎりぎりで試合形式の練習はできないかもしれないと聞いていましたが、皆さん都合をつけてくれて、結局17人で4セット、みっちり練習ができました!
​
風船バレーは私にとってはとても良い運動(リハビリテーション)になっています。
​
私は10年前に脳梗塞を起こしてその後遺症で左半身が麻痺し、車椅子を使っている69才のおばあちゃんです。
​
その時は、救急車で病院に運ばれ、命に別状はなかったものの、仕事をやめてママさんバレーもやめて、これからは半身不随でベッドの上で暮らすのかと、目の前が真っ暗になり、もう友達にも会えないし、社会から隔絶されてしまうのかと、気持ちがズーンと落ち込んでしまいました。
​
ところが、知り合いだった雅子ちゃんが「風船バレーというのがあるよ!」と教えてくれて、誘っていただき、以来ほとんど休まずに参加しています。
​
身体を動かす適度な運動で、良い「リハビリ」になっています。
​
風船バレーの良い点は、障害のある人もない人も、全員が必ず一度は風船に触ってからでないと相手方に返せない、というルールがあることです。


​
必然的に、お互いの名前を覚えて呼び合って、助け合うようになります。
必死に一つの風船をつなぐというのは、私がずっとしてきたママさんバレーの精神と全く同じです。
​
練習中は必死過ぎて、名プレーと珍プレーが続出し、笑いが絶えません。
​
また、全員が触ったかどうか覚えていないとダメなので頭も使いまから、私のような高齢者には認知症の予防になります。

 


​
そして、最も重要なことは、私に新しい友達がたくさんできたことです!!
​
みんな、それぞれに障害を持っているのに、とても明るくユーモアがあって、積極的に暮らしていて、自分が脳梗塞の後遺症くらいで落ちこんでいたことが小さく感じられました。
​
私もくよくよしていないで前向きに生きようという気になりました。
​
いろいろと影響を受けて、例えば、それまで使っていた普通の車いす(後ろから人に押してもらう)をやめて電動車いすを使うことにしました。
​
これで、いつでもどこでも行きたい所に行けるようになり、私は「自由」を手に入れたのです!!
​
世界が一変しました。
一人でもスーパーマーケットにお買い物に行けるし、図書館や映画館に行けます。
友達と散歩したり、カフェにも行けます。
​
その他にも、仲間からもらった勇気と力と笑いはたくさんあります。
また別の機会に書きますが。。
​
とにかく、風船バレーが楽しみで、練習はめったに休みません。
​
誘ってくれた雅子ちゃんや、受け入れてくれた皆さんに深く感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。