ぐるりずむ年忘れおしゃべり会を開催しました

毎年恒例のぐるりずむ忘年会は、コロナのため今年はお預け

このまま顔を見ずに年を越すのは淋しすぎる(´;д;`)
てことで『年わすれおしゃべり会』を開催しました

そこに、なんと!OriHimeさんが登場!

ぐるりでは思い切って先月末にOriHimeさんをレンタルしました!
イベントや講演に行くために、試行的チャレンジでお借りしたんですが、お役目が終わり、今はゆっちゃんのお宅でホームステイ中です

ゆっちゃんは先月大きな手術を受けて、今も療養中
小学校もまだ短時間でならしていて、外出もなかなかできない状況です

ゆっちゃんはもともとアクティブな女の子で、いつも電動車いすを笑顔でかっ飛ばしていました
けれど、今年は側湾の痛みから座っていることが難しくなり、動き回れなくなってしまい…
歯がゆくて、つらい日々だったと思います

そんな状況を打開すべく、勇気を出して、手術を決めた彼女を尊敬します
術後、側湾が緩和されて少しずつ座れるようになったとのこと
しばらくは痛みとの戦いがつづきますが、笑顔が急に大人っぽくなったように感じてハッしました

このタイミングでOriHimeを体験してもらうなら「ゆっちゃんしかいない!」と思い、OriHimeをお届け

おしゃべり会では、早速OriHimeで廃線ハイキングに出かけてきた報告をみんなにしてくれて
トンネルをくぐりぬけたり、鉄橋をわたったり、何より帰りのセブンイレブンでの買い物が楽しかったそう^ ^

(そこでゲットしたわらび餅を食べながらの報告なかなかしぶかったよ笑)

OriHimeを抱えて歩きつづけたお父さん、目はギンギン光ってるし、急にしゃべりだすしで、怪しまれすぎたエピソードを披露してくれて大笑い

ぜひ想像してみてください、胸に小さなロボットを抱えたおじさんが電車にのってきて
そのロボットの目がピっカーんと緑色に光ってて、首はキョロキョロ動いてるし、急にしゃべりだしたら、かなりオモシロい絵ですよね〜

「あのね、そんなことどうでもよくなりますよ!」

お父さんの切れ味のいいコメント、しびれました〜

ぐるりずむにOriHimeイクメンが生まれちゃいました♪

この1年間は、感染拡大の影響で、なかなかふうせんバレーもできず、ほかの活動もままならず、みんなにも会えないきびしい日々でしたが、みんな元気にのりきれてほんとによかった!

そして、そのなかでも“できること““したいこと“を手探りして、いつも以上にトライできた年だったかなと思います

OriHimeチャレンジからも、新たな手ごたえや希望を感じ取ることができて
最後にみんなで共有できる時間がもてて、とても満足です

ある道が閉ざされると
また新たな道がひらかれるみたいです

次はどんな道なんでしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です